2007年03月09日

(題名なし)

posted by (流星) at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

知力の門

最後の門真実編
(※手違いにて国内での記載を行わないままシャッフルとなってしまった為、一先ずこちらの場所で解答と締めを行わせていただきます。国内は後程何らかの形で締めさせていただこうと考えております。)


時がきた
微笑む二つの月の下
宴の輪から一人外れて、悪魔は静かに弓を取る
己の心臓を撃つというのだろうか?
迷いのない眼差しで、強く引き絞り狙うその先は
二つの月のどちらでもなく
ただ闇の広がる、真上の空


 悪魔はじぶんのことを、正直者だとゆうました
 嘘ではねェ、じぶんにとってどこまでも、悪魔は正直に生きるもの
 だからオメーラに、沢山の嘘をつくました
 月に心臓を隠したなんてウソ
 二つのお月さんもウソ
 この夜空も、月を盗むだなんて目的も
 ぜェーんぶ、嘘なんですよ
 ウェウェ、おどろいた?
 だってホラ


悪魔の放った矢は光を放ち、空に白い亀裂を生む
亀裂は夜空全体に広がり、ひび割れ、やがて崩壊を始め
すっかり崩れた夜空のその向こう、白い太陽が戦士達を照らした


 チェ、あけねェ夜はネェのが世界のつくったお約束
 いくら悪魔といえど、そいつは破れねェのでした
 サァオメーラ!聞くがエェ
 これはこのクソクラエな世界が愛した、愚かでいとしい生き物のおはなしです





続きを読む
posted by (流星) at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。