2006年03月31日

問い

氷の広間、鏡の前で



呟く声
posted by (流星) at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 波の向こうで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

ふかもこわうー

な、キララ
IMG_000269.png
フォウリーさん作 メルシ!

このかっこでホストクラブです
ギラギラ具合はホストにはまけねーぜェ
もーすぐ夜もあけてしまうますが、最後までふぃーばーだコラァ
誰にとうひょーしよーかなァ

 あと
posted by (流星) at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

どんぺり

マジどんぺりっとるます

ホストクラブホストクラブ
美形のおね…おにーさんとラブラブトークで
どんぺり頼んだら店長が酒もってくるました
マジエェ気分
これがよく言うモテ期でしょーか?(※勘違いです)
キララこんなにチヤホヤされたんは生まれて初めてかもしれるません
そりゃ目ん玉もハートに光るます
楽しーなァ帰りたくねェなァ
朝日なんてのぼらなければエェのに
しかしそんな事言っとると、あの伝承みてーに外に出てみたら何年もたっとったとかになりかねるません
おみやに箱配る店は要注意だぜ
あけたら白髪のグランマキララ
夜遊びの心得です

posted by (流星) at 16:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

しっとするキララ

おへやのヅラにしっと
ひよこ虫のCOM君にしっと
頭に被られるなんて!まいにちかわいがられるなんて!

キララがいやなかんじです
しかしこう、腹の底からやったるでー感がわきわきと
いつもの無気力なキララとはちがう、
これはエェかんじでしょーか?
やったるでーマジ

しかし行き場のないやる気でした
無駄にハッスル
これはもう八つ当たるしかあるません


バトンとかもらうました
今日はねむくてアレだけど、メルシ!
とゆーか意外でした マジうれしーです!


続きを読む
posted by (流星) at 03:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

ゆめのかよいじ

遠いのか近いのかわからんけど、どこかへ行ってしまったひとの
足跡をみっけた
そんな夢

 
 宛名のない封筒
posted by (流星) at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとつめ

"しやわせだなァ"

そう思った瞬間だった

何かが、体ん中を通り抜けてった気がした
声がきこえた

なんて言ってたっけ?




しやわせすぎて、すぐに忘れた
気のせいだったんかもしれん

 波の彼方で
posted by (流星) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 波の向こうで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

さかだち

できん

きのぼり
できん

さかあがり
できん

…ウェ
全然慣れてきやしねェじゃんか
いくらそれでエェっつったって、これじゃやくたたずもエェとこだ
あげくのはてに非戦闘員扱いで、ウーバン洞窟のほーに避難させられることになるました
………また、見とるだけなんかな


ウェ、ちげーます
キララはキララの戦いをって教わったから
今度は、今度こそ、逃げずにやるんだ
とりやえず、
避難したはエェけど、今年産まれたケルベロスのガキ共がおおあばれしとる
これはもう、キララ愛の幼児しつけ教室ですか
スパルタ式だぜェ ウェッウェッウェッ

暴れる理由
posted by (流星) at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

海にまつわる本

本から破りとられている
今はまだ必要の無い、その一ページ








 失われたページ
posted by (流星) at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

さがしものの続き

次に探す場所は




戦場
posted by (流星) at 15:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

めいすいり

とりやえず、キララが行きそうな場所を重点的に探すまし
はんにんは必ず現場に戻るからです
マジめいたんていキララ
はんにんはお前ですか?
なんでもエェけど、はやく戻って来ればエェのに
さて
キララがいきそーな場所ってどこだろーと考えるめいたんてい
キララはヒキるんが趣味みてーなもんなので、テントで一日ヒキってみるましたが無駄骨でした
そりゃそーだよなァ
ウェ、あくまで念のためってやつです
まずこの場合、可能性を潰したとゆーことが大事なわけで
捜査は足で稼ぐもんだからです
事件は現場でおこるまし
しかしこの国の事件は大抵会議室でおこっとる


ヒキーが違うとなると
明日はどこ探すかなァ
キララが行きたい場所ったら…………ウェ、あのひとんちかなァ


ウェ、会いに行くための口実とかじゃネェよ?
マジでマジで
posted by (流星) at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

せんせんふこく

国境で人影を探すのが日課になっとる今日このごろですが
今日は国境を封鎖しとった
戦争がはじまるそーです
相手はかいほー軍
警備のためか骨のおっさん達もわらわらしとる
ぼーっとしとる時間は終わりですか?
らぶらぶも駄目ですか?


そんならキララも、そろそろ探しものを再開せねばなるません
明日はどこいこーかなァ
posted by (流星) at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

家出終了

ほわいとでーなんか大好きです
posted by (流星) at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

家出の家出

ほわいとでーなんか嫌いです
らいむさんのバカヤロー

(水滴の乾いた跡が点々と)
posted by (流星) at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔女の日課

「おや?……ほうほうこれは」

夜、深い海の底で
魔女が掬い上げた粒は、他のどの粒たちよりも、より小さく淡い輝き

「こりゃ、あの子供の流したものだね。ハハハ、律儀に海辺に来たのかい。」

「しかし、悲しみと呼ぶには幸せな涙だ。他の子に嫉妬されてしまうよ。」

「なぁに、この程度ならじきに水へと溶けてしまうだろう。さあお行き。気の済むまで泳いでおいで。」


粒は魔女の手から海流へと放たれ、流れにのって
夜明けの方向へと旅立った
posted by (流星) at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 波の向こうで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

ふつうの日記

今キララはひさびさにBAのつちを踏み、ひさびさに小洞の日記帳に書き込んどるます
ドラバニヤに飛ばされ、さらにドラバニヤから飛ばされるました
ドラバニヤのおば…お姉さんからお服を借りるましたが、
キララだるだるは好きだけどヒラヒラはマジあかん
その前にサイズが合うません
背が高いからといって馬鹿にしてやがる
テントをたててすぐ外出するましたが、いちど帰ってみたらなん通かお手紙くれてあるました
マジうれしーです
外出先からなのでお返事はマジもっさるますが、かならずかくます
探しものがみつかったらまたすぐかえるので、あんましゆっくりはしてらんねーかもしれんけど
せっかくまたこれたかんだしマジはっちゃけるしょぞんのキララ
今はその探しものも、少しおさぼりです
ほかにすることがたくさんあるます
まずは手ェつながなければなるません
あと
久しぶりのBAの景色は、キララがいた頃とは、やっぱりどこか違っとった
あんまし時間たってねェのになァって、すこし寂しいのがはんぶん、しかし新しもの好きの血がさわぐます
あと、少しだけとおくへいっちまったひとたちの事
帰ってきたいひと、自分から行ったひと
色々おるます
時間は待ってはくれねェんだなって
訓練所、あの時お手合わせおねがいしときゃよかった
リベンジもしたかった

なかまとしての訓練と、敵としての実戦と
その違いはキララだって知っとるます
国同士がもしガチったら………つまりこれは



復讐のチャンスとゆーことじゃあねェですかァァァ

いかん、俄然燃えてくるました
戦場でガチるかどーかはわかるませんが、国ごとアレすりゃまじアレです

……間に合うかはわからんけど
からだ、鍛えるかなァ
いまにみてろよバカップルとか色々
ウェーッウェッウェッ



でもマジ初戦だけはかんべんです
posted by (流星) at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

魔女の鏡

「服やら武器やら荷物やらね、鏡は通しちゃくれないよ。理屈は後で教えてやるが、簡単に言ったらね、死んだら誰だって丸裸、そうだろう?」
「それももとは鏡の世界の器だ、一番しっくりくる魂のところに導いてくれるはずだよ。」
「さあこっちの自分の器にかえりたかったらね、ぐずぐず迷っている時間は無いんだよ。早くお行き。その器にお前が馴染んで、迷子の魂の居場所がわからなくなってしまう前に。」
「ああこれを貸してやろうかね。アタシの髪で編んだ布さ。何かと便利だ、被っておいきよ。大サービスさ、世界中探したってアタシより親切な魔女はいないだろうね。」

「忘れるんじゃないよ!賭けに負けたら、選べなくなるんだ。死にものぐるいで探しておいで!」
posted by (流星) at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

問い

暗く、深く、冷たい場所にいて、誰かの声を聞いた気がした
それはいつか誰かが言った問いに、よく似ていて


――――――


なにもかもかわってゆく
どんなに止めようとしても、砂のように手からこぼれおちて
いつか消えてしまうのだろう

かわらないでと願いました
あなたがうつくしい笑顔を咲かせ、わたしが優しさに包まれた時
最高の一瞬を、どうかこのままといのりました

そして、そんな願いは叶わなければ良いとおもいました
何故ならあなたの笑顔はわたしには向いていなかったから
わたしの幸福は、あなたの幸福に繋がって行かないから
でも




あなたの事が大切なのに
あなたが咲かせる真実の笑顔より、じぶんの幸福を願ってしまいそうになるのです

叶わなければ良いと、おもいたいのに


魔女の問
posted by (流星) at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

春のある日、砂浜にて

ある入り江の砂の地に、裸足の足跡が続いている
足跡は近くの小洞へと向かい、そしてそこから靴のそれにかわり
また別の方角へ

posted by (流星) at 11:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

嵐のよるに

ざぼん




いたい、つめたい?

ぐるり

ぐるりぐるり




夜の底
posted by (流星) at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 波の向こうで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵐2

水が叫ぶ
風が吠える
飢えた波が獲物をその腹にかき抱こうと、何度も腕を伸ばしては打ち寄せた


大きな嵐に捕まった
ここは真珠の島の領域
魂をとられぬよう、水に入るな水を見るな
海の魔女に気を付けろ*
posted by (流星) at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 波の向こうで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。